ネットショップを始めたい場合

ホームページ制作から取り組むにあたっては

ネットショップを始めたい場合には販売する商品を決めます。手先が器用で工芸品が作れるとか、無地のシャツを仕入れてそこにデザインを印刷して付加価値を付けた上で販売するとかの方法も取れます。ホームページ制作は作成用のソフトを使って解説書など参照しながらでも作れるようになります。コンセプトから始まって店の名前、メニューボタンの作成や各種商品のページへ飛ぶリンクを貼ったり、価格の設定、顧客側からの商品の申し込み方法や決済の仕方の記述、住所や連絡先、質問のできるフォーム覧などを盛り込んで制作して行きます。写真や価格設定、文字の配置やロゴ、色彩や構成を考えてまとめて行きます。リンクが機能するかどうか、OSやブラウザによる見え方にも配慮してそのチェックも後から行います。

信頼できるサーバを探します

サーバーは検索をかけると色々なレンタルサーバーがヒットします。そこで内容を調べて容量やコスト、制限事項、電話によるサポート体制、ドメインやサブドメインの取得法その他もチェックします。信頼できるサーバが見つかって決定したらそこで申し込みを行いアカウントを作成します。割り当てられたサーバーにFTPソフトやホームページ作成ソフトに付属するソフトを使ってファイルをアップロードします。リンクが機能しているかチェックを行います。スマホやタブレット利用者に対しては画面操作がされやすいようにこの機能も利用します。ブラウザやモニター画面では問題ないか確認します。サイト登録を行います。同時にできたらSEO対策を取ったりアクセスカウンターの状況を見ながら更新作業を行って行き、購入申し込みに対しては迅速に対応して行くことになります。

レンタルサーバは大変人気となっており、多くの人が利用をしています。お試し期間があるものもあり、好評です。